2011年3月に起きた未曾有の大震災、被災地では今なお避難所生活を余儀なくされている方も多数いらっしゃいます。

政府の公式発表によると、東海地震の可能性だけでも30年以内に87%、東南海地震は60%、首都直下型地震は70%といずれも高い数値で可能性を示唆しており、内閣府の公式防災情報ページにて住宅の地震対策を呼びかけております。

アイム・ユニバースではこれらの発表やデータをふまえ、平成23年6月以降着工の物件は全て「制震構造」という、横浜ランドマークタワー等でも採用されている、地震エネルギーを吸収する事で被害を軽減する最先端技術を標準装備にて取り入れております。これにより、建物がうける地震エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収するため、地震に強い住宅を建築しております。

どれだけステキなデザインであっても、どれだけ快適な設備が整っていても、地震に強い住宅でなければ安心して住むことはできません。
安全で快適な住生活のためにもかかせない地震対策は特に慎重にご検討いただくことを強くお薦め致します。

■制震構造の仕組み

■中地震・大地震・巨大地震 あらゆる規模の揺れを吸収します